2012.10.14

アーセナルのアルテタ、パス成功数でプレミアリーグ1位を独走

 ここまで全公式戦10試合を消化した今シーズンのアーセナルは、開幕からの10試合で全24得点を挙げている。1試合平均2.4得点という数字は、アルセーヌ・ヴェンゲル監督就任以来、最も高い数字だ。クラブ公式HPで、ゴール数、アシスト数、パス成功数を公開している。

 5得点を挙げているジェルヴィーニョがランキングトップで、ルーカス・ポドルスキとセオ・ウォルコットがそれぞれ4得点を挙げて並んでいる。ウォルコットはアーセナルで通算46得点で、現在所属選手の中では最多となり、クラブ歴代ゴールランキングでは現在54位となっている。

 アシスト数では、ジルーの4アシストが最多となっている。ウォルコットはアシスト数は通算で51にまで伸び、現所属選手の中で、ゴールとアシストの両方でトップに立っている。

 そして、パス成功数はプレミアリーグ全体も含め、ミケル・アルテタがこの部門を独走。リーグ戦7試合で彼は617本ものパスを通し、その数は2番手に位置するマンチェスター・CのMFヤヤ・トゥーレ(543本)に74本もの差をつけている。また、その成功率は93.77%と、プレミアリーグのパス成功数べスト50のどの選手をも上回る数字となっている。

 なお、アーセナルは、現在プレミアリーグを3勝3分1敗で過ごし、7位に位置している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る