2012.10.14

アーセナルが今季10試合の選手のパフォーマンスレポートを発表

 ここまで全公式戦10試合を消化したアーセナルは、チームの統計と、ここまでのパフォーマンスを分析。選手の出場時間をクラブ公式HPで公開している。

 プレミアリーグとチャンピオンズリーグを合わせた全9試合でフル出場を果たしているのは、カール・ジェンキンソンとミケル・アルテタの2名だ。キャピタルワン・カップを含めると、全900分の中で、ここまで27人の選手を起用している。

 アーセナルの一員として新たにピッチに立った選手は、ルーカス・ポドルスキ、サンティ・カソルラ、オリヴィエ・ジルー、ダミアン・マルティネス、マーティン・アンガ、セルジュ・グナブリー。いずれも国外出身の選手であり、809選手がプレーしたアーセナルにおいて、英国およびアイルランド国籍以外の選手は116名となった。

 プレミアリーグ全7試合に先発している選手は5名で、カール・ジェンキンソン、ミケル・アルテタ、サンティ・カソルラ、キーラン・ギブス、ルーカス・ポドルスキだ。公式戦10試合全てに出場しているのはジルーのみとなっている。また、リーグでは昨シーズンの統計は合計38名だったのに対し、19名の選手が出場し、平均プレー時間は330分間となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る