FOLLOW US

オーウェン「国の代表としてプレーすることは並大抵ではない」

 ストークに所属する元イングランド代表マイケル・オーウェンは、自身のイングランド代表経験を踏まえ、代表でプレーすることについて語った。イギリス紙『サン』が報じている。

「多くの選手が、クラブのためにプレーするのと同様に、イングランド代表やそのほかのナショナルチームでも尽くすんだ。でも、『クラブでは活躍するのに、代表ではなぜ?』と感じられる選手は数多くいる。それは恐怖が原因だね」

「僕はたくさんの選手がイングランド代表としてプレーした中で、どれだけ野次を受けたか、話をしているのを聞いてきた。国の代表としてプレーすることは並大抵の感覚ではないよ。クラブレベルとは違う」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO