2012.10.09

イングランド代表A・コール、ツイッター投稿を謝罪…W杯予選出場可能に

謝罪が受け入れられ、イングランド代表として試合に臨めることになったDFアシュリー・コール

 イングランド代表はブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたヨーロッパ予選で、12日にサンマリノと対戦する。チェルシーのイングランド代表DFアシュリー・コールは、自身のツイッターでFA(イングランドサッカー協会)を批判し、処分を受けることが発表されていたが、サンマリノ戦に出場できることになった。『BBC』が報じている。

 A・コールはツイッターで汚い言葉をつぶやいた後、投稿を削除し、FAに対してすぐに謝罪した。FAのデイヴィッド・バーンスタイン会長は、「彼は公的に謝罪し、そして直接会って謝罪もした。本当に後悔を示していると感じた。だから私は受け入れた。A・コールはイングランド代表でプレーできる」と語っている。

 イングランドはサンマリノ戦後、16日にポーランドと対戦する。A・コールは現在代表出場試合回数が98回となっているので、その2試合に出場すると、イングランド代表として100試合出場を達成する見込みだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る