FOLLOW US

右サイドバックとしてスクランブル起用の吉田に厳しい評価…英メディア採点

 プレミアリーグ第7節が7日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは、フルアムと対戦。試合は2-2の引き分けに終わった。センターバックで先発した吉田は、8分に右サイドバックのフレイザー・リチャードソンが負傷したため、右サイドバックにポジションを移し、フル出場した。

 イギリスメディアは試合の採点を発表。慣れない右サイドバックでのプレーを求められた吉田に対し、『スカイスポーツ』は、低評価の「5」をつけ、「ポジションから外れていた」と寸評している。また『ユーロスポーツ』も同様に「5」と厳しい評価になった。

 なお、最高点はロスタイムに同点弾を決めるなど、2得点を挙げたサウサンプトンのジョゼ・フォンテに『スカイスポーツ』は「9」、『ユーロスポーツ』は「8」を与えている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO