2012.10.05

レドナップ「リオは衰えていない。ベイルがボルトに対抗できる選手というだけ」

 ロイ・ホジソン監督のイングランド代表メンバーから落選したマンチェスター・Uのリオ・ファーディナンドについて、現在プレミア3部のボーンマスの顧問を務めるハリー・レドナップ氏が「現在のリオにとってイングランド代表に呼ばれることは本当に必要なのだろうか」とファーディナンド招集に否定的な考えを主張した。イギリス紙『サン』が報じている。

 「彼はこれ以上多くの戦いに参加する必要はないと思う。クラブでのプレーに集中すれば、あと2年はトップレベルでプレーすることができるだろう」

  前節のプレミアリーグでトッテナムに2-3で敗れたマンチェスター・Uだが、トッテナムのウェールズ代表ガレス・ベイルに置き去りにされるシーンが目立ったファーディナンド。スピードの衰えを指摘する声が挙がっている。これについてレドナップ氏は「リオのスピードが衰えている?冗談はよしてくれ。ベイルがウサイン・ボルトに対抗できる選手というだけだよ」とコメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る