FOLLOW US

ブラックバーンの監督候補にバルサなどで活躍したラーション氏が浮上

 イングランドのフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部相当)に所属するブラックバーンのスティーブ・キーン監督が、9月28日に辞任した。複数の後任候補の名前が挙がっているが、バルセロナやセルティックなどで活躍した元スウェーデン代表FWヘンリク・ラーション氏が、新たに候補として浮上したようだ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ラーションは現在、スウェーデン2部リーグ所属のランズクルーナBoISの監督を務めているが、来月のシーズン終了とともに契約が切れる。そのため、イングランドから声が掛かれば、契約を更新しないだろうと同紙は予想している。

 その他後任候補には、ブラックバーンが1994‐95シーズンにプレミアリーグ優勝を果たした際のエースであったアラン・シアラー氏や、同じく当時の主将だったティム・シャーウッド氏の名が挙がっている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA