FOLLOW US

英メディア、2点目を決めた香川に高評価「ファンに希望をもたらした」

チームは敗戦も香川に英メディアは高評価

 プレミアリーグ第6節が29日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uはホームでトッテナムと対戦。香川が今シーズン2ゴール目を奪ったものの、2-3で敗れている。イギリスメディアが、この試合の採点を発表している。

『ESPNSTAR.com』は香川に「7」の高評価を与え、「香川は前半、何かを起こそうとチャレンジしていた数少ないユナイテッドの選手の1人。後半も維持し、素晴らしいターンからのフィニッシュでユナイテッドのファンに希望をもたらした」と寸評している。

 なお、同メディアがつけた両チーム最高点は、トッテナムのギャレス・ベイルで「9.5」。マンUの最高点は、後半開始時から交代出場したイングランド代表FWウェイン・ルーニーで、「8」となっている。

『ユーロスポーツ』も、香川に「7」をつけ、こちらはチーム最高点の評価となった。香川と同じ「7」はルーニー、ポール・スコールズ、ナニの計4選手につけられている。

 

[写真]=Getty Images

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA