FOLLOW US

自身の向上を誓う吉田「監督は僕の配球に期待している。よりクオリティを見せたい」

敗戦にも前を向く吉田

 プレミアリーグ第6節が29日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはアウェーでエヴァートンと対戦し、1-3で敗戦。今シーズン5敗目を喫した。吉田はリーグ戦2試合連続出場となっている。

 試合後の吉田のコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 吉田は、「特にクロスボールに対する守備で改善が必要です。今日はあまりに多くのミスを犯しました。中盤では簡単にボールを奪われ過ぎたことは変えなければいけないです。今日は特に早い段階で、簡単にボールをロストしていました」と守備面での改善点を語っている。

 また、「僕たちは毎試合、向上していると思います。ジョゼ(フォンテ)やヨス(ホーイフェルト)とは、お互いによく話していますね。コンビネーションはどんどんよくなっています。チームメイトのプレーもわかってきたので、僕自身のパフォーマンスもよくなっていきますよ。監督は、僕が前線にいいボールを供給して、ポゼッションを高めてゲームをコントロールすることを求めています。後方からいいボールを出すことは、今のサッカーでは重要ですし、もっと僕のクオリティを見せていきたいです」と自身の更なる向上を誓っている。

 

[写真]=Getty Images

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO