2012.09.25

ウィガン指揮官は宮市の向上に期待「彼が最高の状態になれば、何かを起こす選手」

 ウィガンのロベルト・マルティネス監督が、今シーズンにアーセナルからウィガンへレンタル移籍で加入している日本代表FW宮市亮を称賛している。イギリスメディア『Click Lancashire』がマルティネス監督のコメントを伝えている。

 マルティネス監督は22日に行われたプレミアリーグ第4節のフルアム戦で77分から出場した宮市とイングランド人FWカラム・マクマナマンに対して、「2人の若者が持っているクオリティは、本当にポジティブなものだ。(フルアム戦でも)試合にいい影響を与え、チーム全体にも伝染した。楽しそうにプレーしていたし、試合の速い時間に欠けていたリズムを与えた」とコメントし、試合の流れを変えたと評価している。

 さらに、「このような状況に喜んでいる。順位を争う競争力を持っていることを示せた。全ての選手がチャンスを得ることがとても重要だ。リョウは徐々に適応している。彼が最高の状態になったとき、チームに突破力を与え、何かを起こしてくれる選手だ」と宮市の更なる、向上に期待を寄せている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る