2012.09.25

リヴァプールに負傷者続出…ケリーはじん帯断裂で全治6カ月か

右ひざのじん帯断裂で長期離脱が明らかとなったケリー

 リヴァプールのイングランド代表DFマーティン・ケリーが右ひざのじん帯断裂のため、長期離脱することとなった。クラブ公式HPを通じて発表している。

 ケリーは、23日に行われたプレミアリーグ第5節のマンチェスター・U戦で負傷し、途中退場していた。なおイギリス紙『ガーディアン』は全治6カ月の見通しだと報じている。

 また、この試合ではデンマーク代表DFダニエル・アッガーとイタリア代表FWファビオ・ボリーニも故障。ブレンダン・ロジャーズ監督が長期離脱を懸念していたアッガーは、負傷した左ひざのじん帯に問題はなく、重度の打撲と診断され、ボリーニは右足首を痛めたものの骨に異常は見つからなかった。アッガーとボリーニのけがの具合については再度検査を行うようだ。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
44pt
リヴァプール
42pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
レアル・マドリード
29pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
35pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る