2012.09.24

LAギャラクシーがランパード獲得に本腰か…「補強リストのトップ」と報道

ベッカム、アンリに続き、ランパードもアメリカへ渡るのだろうか

 元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムが所属するアメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーが、チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパードの獲得に本気で乗り出しているようだ。

 『ESPN』など複数のメディアによると、22日に行われたLAギャラクシー対トロントの試合会場に、ランパードの代理人を務めるスティーヴ・カットナー氏が現れたという。また、LAギャラクシー関係者が語った、「我々は世界中から最高の選手を呼びたい。フランクはリストのトップに載っているよ。フランクを獲得すれば、世界に向けて“MLSは本気だ”とメッセージを送れる」とのコメントを伝えている。

 ランパードはチェルシーとの契約を1年残しているが、LAギャラクシーは来夏の加入に向け、1月に事前合意に漕ぎつけたい考えのようだ。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る