2012.09.24

リヴァプール戦の香川のプレーに英メディアが及第点も「孤立していた」

アシストで勝利に貢献した香川だがメディアの評価はいまひとつ

 プレミアリーグ第5節が23日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは敵地でリヴァプールと対戦。マンチェスター・Uが2-1で勝利を収めた。イギリスメディア『TEAMtalk.com』が、この試合の採点を発表している。

 51分に同点ゴールをアシストした香川は及第点の「6」。しかし、「これまでのプレーよりもFWの後ろで孤立していた。リヴァプールが中盤を支配していたこともあり、彼が望むような働きはできなかった」と、やや期待はずれといったトーンの寸評となっている。

 なお、この試合の最高評価は「8」で、敗れたリヴァプールのMFスティーヴン・ジェラードに与えられた。ユナイテッドではGKアンデルス・リンデゴーアとDFリオ・ファーディナンドにつけられた「7」が最高点となっている。

[写真]=Getty Images

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る