FOLLOW US

マンU香川が同点アシスト…敵地でのリヴァプール撃破に貢献

同点ゴールをアシストして逆転勝利に貢献した香川

 プレミアリーグ第5節が23日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uがリヴァプールとアウェーで対戦。香川はリーグ戦で2試合ぶりに先発出場となった。

 リーグ戦3連勝中のマンチェスター・Uだったが、序盤から今シーズン初勝利を目指すリヴァプールの攻勢を許してしまう。

 しかし、マンチェスター・Uは劣勢ながらも、38分に数的有利に立つ。リヴァプールのジョンジョ・シェルヴェイが、ジョニー・エヴァンスに対して危険なタックルを仕掛けてレッドカードを受けたことで、退場処分となった。

 ところが、スコアレスで迎えた後半開始直後の46分に、リヴァプールに先制点を許してしまう。ペナルティエリア内でポール・スコールズのクリアが小さくなったところを、スティーヴン・ジェラードに拾われ、左足のボレーシュートを叩き込まれた。

 アウェーで1点のビハインドを負ったマンチェスター・Uは、51分に反撃。右サイドからのクロスをペナルティエリア内で香川が胸で落とし、最後はラファエウが左足で巧みなシュートを沈めている。

 同点後は互いのゴール前での攻防が増えるが、76分にカウンターから抜け出したマンチェスター・Uのアントニオ・バレンシアがPKを獲得。このチャンスをロビン・ファン・ペルシーが蹴り込み、逆転に成功した。

 試合をひっくり返したマンチェスター・Uは、そのまま逃げ切りに成功して、2-1で勝利を収め、4連勝を記録した。なお、香川は81分にハビエル・エルナンデスとの交代でピッチを後にしている。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO