2012.09.23

ウィガン指揮官、連敗でも宮市亮に光明を見出す「チームに推進力を与えた」

 プレミアリーグ第5節が22日に行われ、日本代表FW宮市亮の所属するウィガンはホームでフルアムと対戦したが、1-2で敗れた。黒星を喫したが、ウィ ガンのロベルト・マルティネス監督は、77分から途中出場した宮市のプレーについて、高評価を与えた。クラブの公式HPが伝えている。

 マルティネス監督は、19歳の宮市同様に途中出場だった21歳のイングランド人FWカラム・マクマナマンの名前を挙げ、「リョウとカラムが途中から出場 すると、チームに好影響が伝わり、ポジティブな推進力を与えるとともに、最後の1ゴールにも繋がったよ」と若手2選手の活躍を称えた。

 なお、2連敗となったウィガンは、29日に行われるプレミアリーグ第6節では、アウェーでサンダーランドと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る