FOLLOW US

4試合14失点のサウサンプトンは元サンダーランドGKに興味か

 プレミアリーグ第4節まで終え、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはいまだ勝ち星を獲得できていない。15日のアーセナル戦では1-6と大敗を喫し、4試合の合計失点数は14にまで伸びた。

 イギリス紙『サン』は、この14失点の経過から、サウサンプトンが元サンダーランドGKのクレイグ・ゴードンが打開策になるとして興味を示し始めたと伝えている。

 セインツ(サウサンプトンの愛称)は29歳のクレイグ・ゴードンに、大量失点を許しているチームの守護神、ケルヴィン・デイヴィスに挑戦して欲しいと考えていると報じている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO