2012.09.13

QPRのグラネロ「R・マドリードを退団したことは後悔していない」

 この夏の移籍市場でレアル・マドリードを退団し、QPRに入団したスペイン人MFエステバン・グラネロが11日、クラブ公式HPで現在の心境を語った。

 グラネロはまず、ヘタフェでプレーした2007‐2008シーズンからの2年間を除き、カンテラ(下部組織)時代から世話になったR・マドリードへの感謝を示した。

「R・マドリードは偉大なクラブだ。僕は8歳からあそこでプレーし、トップチームにも3年在籍した。クラブへの感謝を忘れることは今後も決してない」

 その一方でグラネロは、今回の移籍が最適な判断だったと確信しているという。

「移籍は難しい決断ではなかった。自分は何かを変える時期を迎え、QPRに加入するのがベストだと思ったからだ。僕はプレーへの渇望に溢れており、ここで選手として成長できると感じている。今は既にQPRの一員として集中しており、R・マドリードを退団したことは後悔していない」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る