2012.09.13

英メディア発表、プレミア期待のティーンエイジャーに宮市が選出

 イギリスメディア『caughtoffside』がプレミアリーグで活躍するティーンエイジャーのベスト10を発表し、ウィガンの日本代表FW宮市亮が5位に選出されている。

 同サイトは宮市を、「この日本代表は、進歩しようと一生懸命だし、(アーセナルの)アルセーヌ・ヴェンゲル監督は、19歳の選手を別のチームにレンタルするという賢明な選択をした。ウィガンでもボルトンのような印象的な活躍をするだろう」と評している。

 なお1位はアーセナルのイングランド代表FWアレックス・チェンバレン、2位は同じくイングランド代表のリヴァプールMFラヒーム・スターリングが選ばれている。

 なお、ベスト10は以下の通り。

1位 アレックス・チェンバレン(アーセナル)
2位 ラヒーム・スターリング(リヴァプール)
3位 マティア・ナスタシッチ(マンチェスター・C)
4位 ロメル・ルカク(ウェスト・ブロムウィッチ)
5位 宮市亮(ウィガン)
6位 ケリム・フライ(フルアム)
7位 ロス・バークリー(エヴァートン)
8位 ガエル・ビギリマーナ(ニューカッスル)
9位 ニック・パウエル(マンチェスター・U)
10位 スレイマン・クリバリー(トッテナム)

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
21pt
マンチェスター・C
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る