2012.09.12

V・ペルシーがW杯予選で負傷交代…マンUに懸念が発生

W杯予選での負傷の状態が心配されるV・ペルシー

 ブラジル・ワールドカップへの出場権を懸けたヨーロッパ予選が11日に行なわれ、オランダ代表は4-1でハンガリー代表に勝利した。

 この試合で先発出場したマンチェスター・UのFWロビン・ファン・ペルシーは、太ももを痛めたため、前半終了時点でシャルケのFWクラース・ヤン・フンテラールの交代を余儀なくされた。

 試合後、オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督がオランダメディア『SBS6』のインタビューに応え、V・ペルシーのけがについて説明している。

「我々は予防的な措置のためロビンを交代させた。深刻なけがとは思えないが、実際はわからない。リスクを抱えるわけにはいかなかったんだ」

 V・ペルシーの負傷の程度は明らかになっていないが、週末に控えるプレミアリーグ第4節のウィガン戦を欠場するのではないかと懸念されている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る