2012.09.09

リヴァプール、レイナ放出でドイツ代表GK獲得に興味

 リヴァプールがボルシア・メンヘングラードバッハに所属するドイツ代表GKアンドレ・テアシュテーゲンの獲得に興味を示しているとイギリス紙『ミラー』が報じている。

  リヴァプールのブレンダン・ロジャース監督はスペイン代表GKペペ・レイナのパフォーマンスに納得していないため、1月の移籍市場で同選手の放出を望んでいるようだ。そして代わりに昨年シーズン、ブンデスリーガでブレイクを果たしたテアシュテーゲンの獲得を狙っている。

  テアシュテーゲンには以前、マンチェスター・Uやトッテナムも興味を示していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る