2012.09.08

ルーニーがマンUへの忠誠を誓う「世界最大のこのクラブで、ずっとプレーしたい」

クラブへの愛情を示したルーニー

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、『スカイススポーツ』のインタビューに応え、2004年の加入以来、エースとして活躍するマンチェスター・Uについて語っている。

 ルーニーは、「ずっとこのクラブでプレーしたいと願っている。このクラブで成功を収めたいし、少なくとも今後10年間はプレーしたい。ライアン・ギグスやポール・スコールズを見たら、どれだけの成功を手にしたかがわかる。彼らは僕たちの見本なんだ。できることなら彼らのような存在になっていきたい。マンチェスター・ユナイテッドのためにプレーすることを望んでいるし、可能な限りこのクラブでプレーしたい。偉大なクラブだし、他にどこでプレーするっていうんだ?ここは世界最大のクラブなんだよ」とマンチェスター・Uへの愛情を示している。

 また現在、戦線離脱中のルーニーは、その原因となったプレミアリーグ第2節のフルアム戦でのけがについて、「すごくラッキーだったんだ。裂傷は筋肉を傷つけず、動脈から1、2ミリ離れたところで止まっていたと外科医に聞かされたよ。けがした瞬間は痛みを感じなかったけど、もっとひどいけがになっていた可能性もあった。今はリハビリを毎日しているし、時間もかからず復帰できると思うよ」とコメントし、早期の復帰をアピールしている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る