2012.09.06

フィオレンティーナはベルバトフのドタキャン移籍に未だ怒り心頭

 マンチェスター・Uからフィオレンティーナへの移籍がほぼ合意していたが、直前でフルアムへの移籍を決断した元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフに対し、未だフィオレンティーナが怒りを見せている。『スカイスポーツ』が伝えている。

 フィオレンティーナとマンチェスター・Uはベルバトフの移籍に関して、基本合意していたと見られており、ベルバトフはイタリアでメディカルチェックを行なう予定となっていた。しかし、フィオレンティーナがイタリアへの飛行機を用意していたのにもかかわらず、ベルバトフは姿を見せなかった。そのため、フィオレンティーナはベルバトフ獲得のために用意したフライト代などの費用の返還を求める要求をした模様だ。

 フィオレンティーナのダニエレ・プラデSD(スポーツ・ディレクター)は、イタリアメディア『Radio Blu』のインタビューに応え、「彼が来なかったことに清々しているよ。彼の代理人に、我々が支払ったフィレンツェへのフライト代などを返してもらうよう要求した、全額だ」と皮肉まじりに怒りを露わにしている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る