2012.09.06

アシュリー・コール、今冬にチェルシー退団か…移籍先にレアルなどが浮上

 今シーズン限りで契約満了を迎えるチェルシー所属のイングランド代表DFアシュリー・コールが、チームを離れるかもしれないとイギリス紙『サン』が報じている。
 クラブのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏は30歳を超えた選手に対して、1年の契約延長しかしない方針を示しており、現在31歳のA・コールも例外ではないようだ。契約延長をしないのであれば、冬のマーケットでA・コールの獲得を目指すクラブは移籍金ゼロで彼を獲得することができる。 
 しかし、クラブ関係者はA・コールの場合、単年契約の判断は間違いだとコメントしている。
「コールが世界最高のレフトバックだということはみんな知っていることだ。彼のプレーを見る限り、あと数年は高いレベルを維持することができると思う。コールをタダで獲得することを拒むクラブはないだろう」
 噂される移籍先には、ジョゼ・モウリーニョが率いるレアル・マドリードやパリSG、ゼニトなどが挙げられている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る