2012.08.26

マンU指揮官、新戦力の香川&V・ペルシーを評価「2人のプレーには満足している」

ファーガソン監督が、プレミア初得点の香川に合格点を与えている

 プレミアリーグ第2節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uはホームでフルアムと対戦。香川のプレミア初ゴールなどでユナイテッドが3-2の勝利を収め、今シーズンのリーグ戦で初白星を挙げた。

 試合後にユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が語ったコメントを、クラブの公式HPが伝えている。

「マンチェスター・Uの良い面と悪い面を見せてしまった。ミスで失った2失点目がなければ、接戦になるような試合ではなかったはずだ。素晴らしいフットボールができていた場面もあったからね。フルアムは試合のテンポを遅らせようとしていた。彼らは非常にうまくやっていたよ。経験豊富なチームだし、2失点目の後は苦しめられた」と試合を振り返ったファーガソン監督。

 また、マンUでのリーグ戦で初ゴールを挙げた香川とオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーについても触れ、「彼らには満足している。まだ開幕したばかりだし、時間が経てばお互いのプレーをさらに理解し合ってくれるだろうね」と、今後のさらなる活躍に期待を寄せている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る