2012.08.25

ヴェンゲル監督が選手の入れ替えを示唆「補強と放出で何らかの動きはある」

今夏の移籍市場でさらなる動きを示唆したヴェンゲル監督

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、今夏の移籍市場でのさらなる移籍成立を願っているようだ。クラブの公式HPが伝えている。

 今夏の移籍市場は31日まで開かれているが、ヴェンゲル監督は、「まだ、動きは起こるだろうね」とコメント。「できない約束はしたくないね。私だけで決 められる問題ではないんだ。ただ、移籍市場では何らかの動きがあるはずだよ。補強と放出の両面でね」と続け、選手の入れ替わりを示唆した。

「移籍市場は2カ月間だが、既に1カ月3週間が経ち、終わりに近づいている。先週から動きは活発になり、ここからは毎分が大事になってくるんだ。誰もが、ここへきて急ぎ始めているね。移籍市場が一番活発になる時期なんだよ」

 アーセナルは今夏、ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキやスペイン代表MFサンティ・カソルラらを獲得。一方、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーらを放出していた。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る