2012.08.21

香川のデビュー戦にクラブは賛辞「彼のプレーはファーストクラスだった」

開幕戦で好機を演出した香川にクラブも高評価

 マンチェスター・Uに所属する日本代表MFの香川真司は、20日に行われたプレミアリーグ開幕節のエヴァートン戦でリーグデビューを果たした。しかし、ユナイテッドは0-1で敗戦を喫している。

 マンチェスター・Uは試合後、クラブ公式HPでエヴァートン戦でのマン・オブ・ザ・マッチの投票をファンに呼びかけている。候補者は4選手で、香川、ダビド・デ・ヘア、パトリス・エヴラ、トム・クレバリーが名を連ねた。

 同HPでは香川のプレーを、「彼のマンチェスター・ユナイテッドでのデビューは印象的なものだった。ウェイン・ルーニーの背後でのプレーを担い、ピッチ上で巧妙なボールタッチを何度も見せた。事実、ハーフタイムまでに、アタッキングサード(ピッチを3分割したゾーンのうち、相手ゴール側のゾーン)で最多のパス成功数(16本)を誇った」と多くのチャンスを創出した香川のデビュー戦を評価している。

 さらに、「初戦は敗れたが、香川を誇ることはできる。彼のヴィジョン、パス、動きはファーストクラスのもので、サー・アレックス・ファーガソンが大金を使って、オールド・トラフォード(マンUの本拠地)に連れてきた理由を簡単に証明した」と賛辞を送っている。

 

[写真]=Getty Images

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る