2012.08.19

マタの疲労を懸念するチェルシー指揮官「バッテリーの充電が必要」

昨シーズン、チェルシーの中核を担ったマタ

 チェルシーを率いるロベルト・ディ・マッテオ監督は、MFのフアン・マタについて休養が必要だと語った。開幕して数試合は、同選手に無理をさせない考えを明らかにしている。

 

 マタは昨シーズン、移籍初年度ながらチェルシーのFAカップとチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献。さらに、今夏はEURO2012とオリンピックのメンバーに選ばれ、休むことなくプレシーズンを消化した。ディ・マッテオはイギリス紙『インディペンデント』で、マタの疲労の蓄積を懸念し、シーズン序盤は休養が必要だとコメント。9月に行われる代表戦も、マタを招集しない方針で、スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督と合意したい考えをあきらかにした。

 

「彼には休みが必要だ。トレーニングと同じくらい、休養は大事なことだ。バッテリーを再充電し、フレッシュな状態で帰ってくる必要がある」

 

「我々は賢くプランを立てていかなければならない。フアンを長期間失わないためにね」

 

「スペインとも連絡をとった。我々は、選手の幸せにも配慮する必要がある。だからこそ、このようなケアを行うことは重要だと考えているよ」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る