2012.08.16

ボルトン監督、ムアンバの現役引退に落胆も「今生きていることが最も重要」

現役を引退することとなったムアンバ

 ボルトンのオーウェン・コイル監督が、現役引退を表明したMFファブリス・ムアンバについて、コメントを発表した。クラブの公式HPで伝えられている。

 

 ムアンバは、今年3月に行われたトッテナムとのFA杯でピッチに倒れ、病院に搬送された。一時は心肺停止状態に陥っていたムアンバだったが、奇跡的に回復。しかし診断の結果、現役復帰は難しいと診察され、同選手は現役引退を表明した。コイルはムアンバについて、次のように語っている。

 

「我々はファブ(ムアンバの愛称)と話した。彼はキャリアが続行できないことを知らされ、明らかに失望していた。しかし、彼が精神的にも肉体的にもいかに強い人間であるかは、全員が理解している」

 

「我々は、彼が素晴らしいことを成し遂げていると知っている。現役引退は残念だが、最も重要なことは、彼がここにいて今日も生きているということだ」

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る