2012.08.15

負傷のウォルコットがイングランド代表から離脱…15日のイタリア戦を欠場

 イタリアと15日にスイスで国際親善試合を行うイングランド代表に招集されていたアーセナルのFWセオ・ウォルコットが太ももを打撲。治療のため代表チームを離れ、イングランドに帰国することとなった。イギリス紙『メトロ』が伝えている。

 

 今回のイングランド代表から離脱した選手は、同じくアーセナルのMFアレックス・チェンバレン、ともにマンチェスター・Cに所属するGKジョー・ハート、FWダニエル・スタリッジに続き、ウォルコットが4人目。親善マッチとはいえ、ユーロ2012の準決勝で敗れたイタリアを相手に雪辱を果たしたいイングランド代表ロイ・ホジソン監督にとっては、頭の痛いニュースとなった。

 

 なお、アーセナルは18日にプレミアリーグ2012-13シーズンの開幕戦となるサンダーランド戦が控えており、ウォルコット不在で開幕を迎える可能性が出てきている。

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る