FOLLOW US

イタリア戦に臨むランパード「ブラジルW杯までに最強のイングランド代表になる」

ランパードが、イングランド代表の今後の展望を語っている

 チェルシーのイングランド代表MFフランク・ランパードが、15日に行われるイタリア代表との親善マッチを前に会見に臨み、以下のように語った。『スカイスポーツ』が伝えている。

 

 イングランド代表での出場試合数が90を数え、100キャプ達成が現実的になってきたことについて、「正しくない理由で100キャップにしがみついてまで達成したくはないと、これまでも言ってきた。理想の世界では、2014年のブラジルワールドカップまでのすべての試合でプレーができるのだろうけどね。年齢に関係なく高いレベルのプレーが見せられる限りは、代表チームにいる価値があるし、残るべきだ」と語ったランパード。

 

 さらに、「この試合の選手リストを見たとき、年をとったなと思ったよ。これからの2年間、僕がチームでどんな立場になるかは分からない。チーム内の競争は熾烈であるべきだし、若い選手たちもそれを乗り越える必要がある。目標はブラジルに向けて最強のチームになることなんだ。そのためにできることを僕はするよ」と続け、34歳となった現在もイングランド代表に変わらぬ熱意を持っていることを示した。

 

 マンチェスター・UのFWウェイン・ルーニーらの主力が不在の今回の代表チームについては、「非常にエキサイティングなチームだ。監督はとても知的なチームを選んだね。ユーロ2012でプレーした選手を休ませて、何人かの若い選手を招集している。イングランドの可能性を探るには、とてもいいと思うよ」と、若手の活躍に期待を寄せている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA