2012.08.14

バルサ戦でひざ蹴りを行ったテリー…1試合の処分軽減へ

GL初戦からの出場が可能となったテリー

 2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのバルセロナ戦で、一発退場処分をうけたチェルシーのDFジョン・テリーの処分について、UEFA(欧州サッカー連盟)は3試合から2試合に軽減することを発表した。

 

 テリーはバルセロナとの試合中、相手FWのアレクシス・サンチェスに膝蹴りを行い、レッドカードを提示された。3試合の出場停止となったテリーは、バイエルンとの決勝戦を欠場。残りの2試合については、新シーズンに持ち越されることとなっていた。

 

 しかし、UEFAは13日、テリーの主張を一部考慮し、同選手の出場停止処分を2日間に軽減することを決定。この結果、テリーは31日に行われるUEFAスーパーカップには出場できないものの、新シーズンはグループリーグ初戦から、チャンピオンズリーグのピッチに立てることとなった。

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る