2012.08.14

アザール、敗戦にも手応え「前半の出来には満足」/コミュニティシールド

敗戦をポジティブに捉えるアザール

 チェルシーは12日、マンチェスター・Cとコミュニティシールドを戦い、2-3で敗れた。しかし、今夏新たにチェルシーに加入したMFエデン・アザールにとって、収穫の多い一戦となったようだ。フランス『L’Equipe』が伝えている。

 

 FAカップとプレミアリーグの覇者が激突するコミュニティシールドの軍配は、シティに上がった。チェルシーは40分にフェルナンド・トーレスが先制弾を挙げたが、その2分後にブラニスラフ・イヴァノビッチが一発退場処分に。劣勢に立たされたチェルシーは、踏ん張り切れず後半に3失点。途中出場のライアン・バートランドが1点を返すものの、結局2-3で逆転負けを喫した。先発出場したアザールは、試合について以下のようなコメントを残している。

 

「レッドカードが試合を終わらせた。マンチェスター・Cは、とても上手くプレーするチームだ。10人になって、僕たちは後半の早い時間から彼らのペースに抗うのが困難になった。しかし、前半の内容は励みとなるものだったね」

 

「僕はすでに、何のためにイングランドに来たのか分かった。美しいスタジアムとピッチ、そして素晴らしい雰囲気がここにはある」

 

「僕は、かつて自分がしていたようなプレーを実践しようとした。でも10人になって、僕は守備に多くの時間を割かなければならなくなった」

 

「結果以上に、前半の出来に満足している。安堵しているよ。僕たちは、攻撃面において細かい部分を改善していかなければならないが、解決されるだろう。僕は自信を持っている」

 

「プレーメーカーとしてプレーするか?僕は加入したばかりだ。唯一重要なのは、どのポジションでもいいからプレーすることだよ。左サイドバックだって構わない」

 

「チェルシーには、才能豊かな選手が多数いる。最高レベルの競争が待っているよ」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る