2012.08.07

アザールの活躍に慎重なディ・マッテオ監督「我々には辛抱が必要」

 チェルシーを率いるロベルト・ディ・マッテオ監督は、新戦力のMFエデン・アザールについて、プレミアリーグに適応する時間が必要だと語った。クラブの公式HPで伝えられている。

 21歳のアザールは、今夏3200万ポンド(約39億円)でリールからチェルシーに移籍。2010-11シーズンから2年連続でリーグ1のMVPに選出されたその実力に、新天地でも大きな期待が寄せられている。しかしディ・マッテオは、アザールがその真価を発揮するには時間がかかるだろう、とのコメントを残した。

「もちろん、アザールの活躍には期待している。ただ、我々には辛抱が必要だ。彼は若いし、フランスという異なるリーグからやってきた。我々は彼に適応する時間を与えなければならない」

 また、ディ・マッテオはチェルシーの戦い方についても言及。アザール以外にもMFマルコ・マリンやMFオスカルらを新たに加えたチェルシーだが、ディ・マッテオはプレースタイルについて大きな変化はないと語った。

「大幅な変化はないだろう。新加入選手たちをまとめていくために、我々は少し戦い方を変えなければならないが、私は決して攻撃的なサッカーをするとは言っていない。我々は、試合に勝つためのサッカーをしていく」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る