2012.08.03

FWの陣容に自信のファーガソン…香川については「私をより悩ませる選手」

前線の戦力に自信を見せるファーガソン

 マンチェスター・Uを率いるアレックス・ファーガソン監督は、前線の戦力の充実を語った。日本代表MFの香川真司についても称賛のコメントを残している。イギリス『マンチェスターイブニングニュース』が伝えた。

 

 現時点でのユナイテッドの前線のメンバーは、ディミタール・ベルバトフに移籍の可能性が浮上しているものの、ウェイン・ルーニー、ダニエル・ウェルベック、香川真司、ハビエル・エルナンデスら豪華な陣容となっている。ファーガソンは前線の選手について、トレブル(3冠)を達成した1998-99年のFW陣に匹敵すると語った。

 

「私は、前線に黄金メンバーがそろっていた1998-99シーズンをいつも思っている。あの時、我々には(アンディ)コール、(ドワイト)ヨーク、(テディ)シェリンガム、そして(オーレ・グンナー)スールシャールがいた。ゴールを欲した時は、彼らのうち誰かがネットを揺らしてくれたよ。そういう状況が何度も起こった。私はいつも、ピッチに送り出した誰かがゴールを生んでくれることに自信を持っていた。今の選手たちは、あの時代を思い出させてくれる。たくさんのゴールが見られることを期待しているよ」

 

「私にとって最も難しいことは、然るべき試合に然るべきペアを選ぶことだ。そしてもちろん、お互いを特によく理解したペアが1組か2組できるはずだ。興味があるね」

 

 また、ファーガソンは香川個人についても言及。うれしい悩みをもたらしてくれる選手だと褒め称えている。

 

「シンジは、我々に異なる攻撃オプションを提供してくれる。彼にとってベストのポジションは、言うまでもなくセンターフォワードの背後だよ。彼には広い視野と針の穴を通すパス能力がある。彼はフレキシブルな選手でもあるし、私をより悩ませてくれることは間違いないよ」

 

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング