FOLLOW US

アルシャビンに残留の可能性…ベントナー、パク・チュヨンらは放出へ

アーセナル残留の可能性が浮上したアルシャビン

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、ロシア代表MFアンドレイ・アルシャビンの去就について、話し合いを行い決断すると語った。その一方で、FWニコラス・ベントナー、DFセバスティアン・スキラッチ、FWパク・チュヨンに関しては、放出する意向を示唆している。

 

 アルシャビンは2011-12シーズンの前半戦、アーセナルで低調なパフォーマンスに終始。1月に同選手はゼニトへレンタル移籍していた。さらに今夏、FWルーカス・ポドルスキとFWオリバー・ジルーが加入したことにより、アルシャビンはいよいよアーセナルを去るのではないかと見られていた。

 

 しかし、ヴェンゲルはアルシャビンの残留も視野に入れているようだ。同選手の去就について、イギリス紙『デイリー・メール』で次のように語っている。

 

「(移籍か残留かは)アルシャビン次第だ。我々は一緒に話し合う必要がある。彼にアーセナルでの未来はまだあるよ」

 

 その一方でヴェンゲルは、ベントナーとスキラッチ、パク・チュヨンの去就については「どこかに行くだろう」とコメント。放出が濃厚だと語った。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO