2012.07.31

マンチーニ、テベスの態度に改善を求めるも「彼を変えることはできない」

テベス(写真)の態度にはマンチーニも半ばあきらめか

 マンチェスター・Cのロベルト・マンチーニ監督は、FWカルロス・テベスの態度について、変えることはできないだろうと語った。それでも、テベスには学んでほしいと述べている。

 

 テベスは、昨年9月に行われたチャンピオンズリーグのバイエルン戦で、途中出場を拒否したことからマンチーニと衝突。テベスは11月からアルゼンチンに無断帰国したこともあり、同選手の今年1月での移籍は確実と見られていた。しかし、結局移籍が見送られると、テベスは2月にマンチーニに謝罪。戦列に復帰した後は高い決定力を披露し、チームのリーグ優勝に貢献した。マンチーニはテベスについて、イギリス『デイリー・メール』で次のように語っている。

 

「カルロスを変えられるとは思わない。私とクラブへのリスペクトだけを求めている」

 

「お金を稼ぐためにサッカーをしているわけではない。私たちは若い時、サッカーが好きだったからボールを蹴り始めたんだ」

 

「私はカルロスに、いくつかミスを犯したことを理解してほしい」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る