2012.07.29

ユーロ2012への参加を望んでいたスコールズ「チャンスが与えられなかった」

 マンチェスター・UのMFポール・スコールズが、イングランド代表としてユーロ2012でプレーすることを望んでいたと明かしている。イギリス紙『デイリーメール』が伝えた。

 

 ユーロ2012へ参加する意欲があったことを認めたスコールズは、「僕にはチャンスが与えられなかったんだ」と主張。MFフランク・ランパード、MFギャレス・バリーなど中盤の選手の離脱が相次いだ際にロイ・ホジソン監督が選出を見送った理由は、スコールズがマンUでのキャリアを続けることを最優先にしていることと、招集を拒否されるのを避けたためと伝えられているが、「それは監督の見解だよね。ただ、それを否定したところで何の意味もなかったさ」と語っている。

 

 また昨年に一度現役を退くも、今年1月に電撃復帰したことについて、「もう一度プレーしたくてうずうずしていた。引退後の1カ月は、寂しさはまったくなかった。だが、練習場に戻って控えの選手たちをコーチしていると、じっとしているのが難しくなってきた。チームに負傷者が増えた時は特にね。もしクラブから完全に離れていれば問題はなかっただろう。だけど毎日通っているうちに、トレーニングしてチームに戻りたくなったんだ」と当時の心境を打ち明けている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る