2012.07.26

チェルシーでの引退を考えるランパード「ここでキャリアを終えるのが理想」

チェルシー愛を語るランパード

 チェルシーのMFフランク・ランパードは、チェルシーと契約延長に前向きであることを明かした。チェルシーをけん引してきた副将は、残りのキャリアをブルーズ(チェルシーの愛称)で終えることについて「理想的」とも語っている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

 

 ランパードとチェルシーとの契約は残り1年となっている。同選手には契約満了後アメリカ行きがささやかれており、ランパード自身も「あらゆる可能性を考慮する」と語っていたことから、LAギャラクシーなどが移籍候補として挙げられていた。しかし、ランパードは自身の去就について次のように語っている。

 

「僕はチェルシーで素晴らしい時間を過ごしてきた。今後も続けていきたいね。ここでキャリアを終えるのが理想だ」

 

「ただ、選手として色あせたくはないし、調子を維持できなかったり、何もクラブにもたらすことができない状況になってまで、チェルシーにいるつもりはない。僕はいつも自分がプレーできると思えるレベルでいたいし、ピッチに立った時は多くをチームにもたらしたいんだ」

 

「僕は、あと数年はトップレベルを保つことができると思う。今は十分フィットしているし、フレッシュな状態だよ。足の調子も良いし、経験を重ねることで、ピッチ外でもチームに貢献できるようになった。若手選手の手助けだったりね」

 

「何が起こっても、プレーする日々において、チェルシーはいつも僕のクラブなんだ」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る