2012.07.26

現地メディア「香川がマンUに勝利をもたらした」…シーズン開幕後の活躍にも太鼓判

上海申花戦の主役は香川とメディアも認めている

 プレシーズンツアーを行っているマンチェスター・Uは25日、中国で上海申花と対戦し1-0で勝利を収めた。この試合に先発出場し、移籍後初得点となる決勝ゴールを決めた日本代表MF香川真司のプレーに、イギリスのメディアも注目しているようだ。

 

『スカイスポーツ』は公式HPで、「香川がユナイテッドに勝利をもたらした」と見出しを付けて、この試合をレポート。アレックス・ファーガソン監督が後半にFWベベとFWハビエル・エルナンデスを投入したことで、「香川の影響力がどんどん増していった」と評価しており、「ドルトムントからやってきた男が決勝ゴールを挙げたことに驚きはなかった」と、ピッチ上の主役が香川であったことを認めている。

 

 さらには、「新しく契約した日本人選手がシーズン中もこのフォームを維持すれば、ファーガソン監督は多くのタイトルを狙えるだろう」と、シーズン開幕後の香川の活躍にも太鼓判を押している。

 

[写真]=足立雅史

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る