2012.07.25

1年を振り返るトーレス「最高の時と最悪の時を経験した」

苦悩と栄光を味わった昨シーズンをトーレスが振り返った

 チェルシーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが自身の公式HPでインタビューに答えている。

 

 ユーロ2012後の時間を、「家族とリラックスして、いい休暇が取れた。必要なことなんだ」と語り、充実したオフを過ごした様子のトーレス。

 

 チェルシーでの3シーズン目を迎える心境を、「昨シーズンは2つのファイナル(チャンピオンズリーグとFAカップ)で素晴らしい結果が出た。とても興奮したよ。クラブワールドカップへも参加するし、来シーズンは素晴らしい経験ができるだろう。チャンピオンズリーグ王者なんだから周囲の期待はとても大きい。エキサイティングなシーズンになるだろうね」と明かした。

 

 特に重視するタイトルを問う質問には、「プレミアリーグで優勝したいね。今年こそと願っているし、そのために戦うよ」と答え、自身初のリーグタイトル奪取への意欲を見せた。

 

 また、浮き沈みの激しかった2011-12シーズンのプレーについては、「例外的な1年だった。これを糧にして将来の成功につなげたい。今までの経験になかったような、最高の時間と最悪の時間を味わった。僕を支えてくれた人たちも、恐らく僕以上に苦しんでいた。笑顔と涙で受け取ったユーロ2012のトロフィーは、間違いなく僕にとっての最高のトロフィーだよ」と振り返っている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る