2012.07.23

英紙が香川のプレーを絶賛「マンUで最も上質なプレーをしていた」

プレシーズンツアーを行っているマンチェスター・Uが南アフリカのアヤックス・ケープタウンと対戦した21日の試合の戦評を、イギリス紙『ガーディアン』が報じた。その記事の中で、移籍後初のスタメン出場を果たした日本代表MF香川真司のプレーを称賛している。

「香川真司のパフォーマンスがユナイテッドファンのムードを明るくした」という書き出しで始まる同紙の記事は、「ボールタッチ、ビジョン、創造的なプレーといった個性を、ユナイテッドでのスタートでしっかり示した」とし、「1200万ポンド(約15億円)の移籍金は有益な投資になる可能性が高い」と、その才能を評価した。

また、「南アフリカのチャンピオンになったことのないアヤックス・ケープタウンとの試合では能力の指標にはならない」としながらも、「この日本人がユナイテッドで最も上質なオペレーターだった。ストライカーであるハビエル・エルナンデスの後ろのスペースを動き回って相手を混乱させ、エルナンデスにチャンスを与えていた」と、香川のプレーぶりに賛辞を贈っている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る