FOLLOW US

鎌田大地、EL通算11得点でアジア人最多に…今季得点王も射程圏内

ELで今季5得点目を挙げた鎌田 [写真]=Getty Images

 フランクフルトに所属するMF鎌田大地が、ヨーロッパリーグで今季5得点目を挙げた。

 鎌田は28日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグのウェストハム戦に先発出場すると、1-1で迎えた54分にジブリル・ソウのシュートのこぼれ球を押し込み、勝ち越しゴールをマーク。これが決勝点となり、フランクフルトは2-1で先勝した。

 鎌田はELでは通算21試合に出場してこれが11ゴール目。ドイツメディア『スカイスポーツ』の公式ツイッターによると、予選を除いたELで11ゴールを記録した同選手はアジア人最多得点者になったという。

 また、今シーズンは11試合の出場で5ゴール目を挙げた鎌田。この結果、今大会6ゴールを記録しているFWカール・トコ・エカンビ(リヨン)、DFジェームズ・タヴェルニエ(レンジャーズ)、FWガレーノ(ポルト)に次いで、得点ランキングで4位タイに浮上している。

 フル出場で先勝に貢献した鎌田は試合後、自身の公式インスタグラムを更新。「このクラブとファンたちをとても誇りに思っている。みんな勝利はあと2つだ」とEL制覇に向けて意気込みを綴った。

 EL得点ランキングは以下の通り。なお、決勝進出をかけたセカンドレグは5月5日に行われる。

■EL得点ランキング(準決勝ファーストレグ終了時点)
1位6ゴール カール・トコ・エカンビ(リヨン)
1位6ゴール ジェームズ・タヴェルニエ(レンジャーズ)
1位6ゴール ガレーノ(ポルト)
4位5ゴール 鎌田大地(フランクフルト)
4位5ゴール パトソン・ダカ(レスター)
6位4ゴール リカルド・オルタ(ブラガ)
6位4ゴール ムサ・ディアビ(レヴァークーゼン)
6位4ゴール ボルハ・イグレシアス(ベティス)
6位4ゴール ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)
6位4ゴール アルフレッド・モレロス(レンジャーズ)
6位4ゴール アレクサンドル・ソボレフ(スパルタク・モスクワ)
6位4ゴール チーロ・インモービレ(ラツィオ)
6位4ゴール ヴィクター・オシムヘン(ナポリ)
6位4ゴール アルカディウシュ・ミリク(マルセイユ)
6位4ゴール エリフ・エルマス(ナポリ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO