2019.04.12

EL準々決勝1stレグ敗戦も前向きな長谷部誠「まだ可能性は残されている」

長谷部誠
EL準々決勝1stレグ後、長谷部が取材に応じた [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 フランクフルト長谷部誠が、ベンフィカとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ファーストレグ後に地元メディアの取材に応じた。『ヘッセンシャウ.de』の報道を引用し、ドイツ誌『kicker』日本語版が12日に伝えている。



 久々に欧州の舞台へと戻ってきたフランクフルトは、ELで無敗のまま準々決勝へと進出。欧州の舞台で唯一生き残ったドイツ勢としてマネージャーのフレディ・ボビッチ氏も「ドイツを代表して全力を尽くす。その責任が我々にはあるんだ」と意気込みを語っていたが、20分にエヴァン・ヌディカがペナルティーエリア内でファウルを犯してPKを献上し、さらには退場処分を受けてしまう。フランクフルトは数的不利の中でも2点を返す奮闘を見せたものの、最終的にファーストレグを2-4で落とした。

 試合後、地元メディア『ヘッセンシャウ.de』のインタビューにドイツ語で応じた長谷部誠は、敗戦について問われてこのようにコメント。

「言葉にするのは難しいですが、僕自身は失意を感じているわけではありません。まだ可能性は残されていますから。僕たちは70分間にわたって数的不利の戦いを余儀なくされましたが、その中でも全力を尽くしました。頭を下げることなく、来週木曜日のホーム戦に臨みます」

 熱気に包まれたベンフィカでのアウェイ戦の難しさについて話を振られると、「確かに難しいところはありました。ただ、フランクフルトでの試合はベンフィカの選手たちにとって難しいものになるでしょう。その中で僕たちは全力を尽くさなくてはいけませんが」

 記者からコメントが前向きであることを指摘されると、「そんなことはありません。まだ可能性は残されていると言っているだけです」とウインクしながら笑顔で話した。

「僕たちにはあと90分間、11人対11人による試合が残されています。少なくとも2ゴールを挙げなくてはいけないし、その中で失点は許されない状況ですが、しっかりと準備して試合に臨みたいと思います」

 最後に、敵地に応援に駆けつけたフランクフルトのファン・サポーターについてこう述べた。

「ファンからはいつも大きな声援をもらっています。来週も素晴らしい雰囲気の中、フランクフルトで試合が行われるでしょう。僕たちはその期待に応えるプレーを見せていきたいと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る