2019.02.23

BATE戦で一発退場のラカゼットに処分が決定…レンヌとの2連戦は出場停止

ラカゼット
BATEボリソフとの第1戦で一発退場したラカゼット [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、アーセナルに所属するフランス人FWアレクサンドル・ラカゼットに対して、ヨーロッパリーグ(EL)での3試合出場停止処分を発表した。



 対象となる試合は、21日に行われた決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)セカンドレグのBATEボリソフ戦、さらに3月7日、14日に行われるレンヌとの決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)ファーストレグ、セカンドレグの2試合となっている。

 ラカゼットは、14日に行われたラウンド32ファーストレグ・BATEボリソフ戦での試合終盤、肘が相手の顔面に入り、レッドカードを受けて一発退場を命じられた。その試合でアーセナルは1-0でまさかの敗北を喫したが、21日のセカンドレグでは3-0(2戦合計3-1)で勝利してラウンド16へと駒を進めている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る