2019.02.14

CLに続いてELも再開…活躍が期待される注目の新戦力7選手を紹介

アズムン、ムニル、イグアイン、伊東、D・スアレス、ローデ、ウェア
今冬移籍した活躍が期待される選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 チャンピオンズリーグ(CL)に続いて、ヨーロッパリーグ(EL)も今週から再開。14日には、決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)ファーストレグの15試合が行われる。そこで今回は、今冬の移籍市場で各クラブが獲得した新戦力のうち、特に活躍が期待される7名のプレーヤーを紹介する。



写真=Getty Images

デニス・スアレス

デニス・スアレス

生年月日:1994年1月6日(25歳)
国籍:スペイン
移籍先:バルセロナ(スペイン) → アーセナル(イングランド)

今季、バルセロナではコパ・デル・レイの2試合で先発出場したのみ。アルトゥーロやアルトゥール・ビダルら新加入選手との競争に敗れ、半年間のレンタルでアーセナルへ移籍することとなった。2014-15シーズンには、レンタル先のセビージャでウナイ・エメリ監督の指導を受けて、EL優勝を経験。恩師との再会を果たした今、狙うのはもちろん4年前の再現だろう。

ゴンサロ・イグアイン

ゴンサロ・イグアイン

生年月日:1987年12月10日(31歳)
国籍:アルゼンチン
移籍先:ユヴェントス(イタリア) → チェルシー(イングランド)

今冬にレンタル先をミランからチェルシーへ変更することとなったイグアイン。2日に行われたプレミアリーグ第25節ハダースフィールド戦では、2ゴールを挙げて鮮烈なホームデビューを果たした。しかし、翌節のマンチェスター・C戦は無得点に終わり、チームも0-6と大敗。マウリツィオ・サッリ監督の進退問題がにわかに注目を集めている。ナポリ時代の恩師を救うためにも、“新9番”にはとにかくゴールという結果が求められる。

ムニル・エル・アダディ

ムニル・エル・アダディ

生年月日:1995年9月1日(23歳)
国籍:スペイン/モロッコ
移籍先:バルセロナ(スペイン) → セビージャ(スペイン)

昨季は、レンタル先のアラベスでリーグ戦10ゴールをマーク。結果を残してバルセロナ復帰を勝ち取ったものの、リオネル・メッシとルイス・スアレスの牙城を崩すことはやはり難しく、今冬にユース時代から過ごしてきたクラブと袂を分かつことになった。完全移籍で加入したのは、EL最多優勝を誇るセビージャ。前半戦好調だったチームは年明け以降、大きく調子を落としており、ムニルには起爆剤となることが求められている。

セバスティアン・ローデ

セバスティアン・ローデ

生年月日:1990年10月11日(28歳)
国籍:ドイツ
移籍先:ドルトムント(ドイツ) → フランクフルト(ドイツ)

ドルトムントでリュシアン・ファーヴル監督の構想外となったことから、今冬にフランクフルトへレンタル移籍。2014年まで過ごした古巣で再出発を図ることとなった。すると、1月19日のフライブルク戦で先発に抜擢されて、ブンデスリーガでの今季初出場を果たす。その後も3試合連続でスタメンに名を連ね、早くもレギュラーの座を掴んだ。ルカ・ヨヴィッチ、アンテ・レビッチ、セバスティアン・ハラーの強力3トップを生かすためにも、中盤でハードワークを怠らないローデの存在は大きい。

ティモシー・ウェア

ティモシー・ウェア

生年月日:2000年2月22日(18歳)
国籍:アメリカ
移籍先:パリ・サンジェルマン(PSG)→セルティック(スコットランド)

アフリカ出身選手として史上初のバロンドールを獲得した元リベリア代表FWジョージ・ウェア氏を父親にもつ二世選手。2017年にプロ契約を締結し、今季はリーグ開幕戦でゴールを奪うなど好スタートを切ったが、ネイマール、エディンソン・カバーニ、キリアン・ムバッペらが君臨するトップチームでは出場機会に乏しく、今冬にセルティックへレンタル移籍することとなった。新天地ではデビュー戦からゴールを挙げており、ELでのさらなる活躍が期待される。

サルダル・アズムン

サルダル・アズムン

生年月日:1995年1月1日(24歳)
国籍:イラン
移籍先:ルビン・カザン(ロシア) → ゼニト(ロシア)

AFCアジアカップUAE2019の日本戦でも話題になったイラン代表のストライカーは、今冬にステップアップを実現。ルビン・カザンからロシア・プレミアリーグで首位に立つゼニトへの完全移籍を果たした。すると、12日に行われたELラウンド32ファーストレグのフェネルバフチェ戦で初出場。得点は奪えず、チームも0-1で敗れてしまったが、新たな一歩を踏み出している。ホームデビュー戦となる21日のセカンドレグでは、チームを逆転勝利に導くパフォーマンスを披露したいところだ。

伊東純也

伊東純也

生年月日:1993年3月9日(25歳)
国籍:日本
移籍先:柏レイソル(日本) → ゲンク(ベルギー)

日本代表の快足ドリブラーが新たな挑戦の舞台に選んだのは、ベルギーの強豪ゲンク。背番号7を与えられ、早速EL決勝トーナメントの登録メンバー入りを果たした。14日に行われるスラヴィア・プラハ戦の招集メンバーからは外れたものの、本人は入団会見で「やれる自信はあります」と海外での活躍を誓っている。また、チームはジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部リーグ)で首位を独走中。与えられたチャンスを生かすことができれば、優勝への“ラストピース”となれるかもしれない。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る