2018.11.09

決勝T進出決定も…サッリ監督は試合内容に不満「全て良くなかった」

マウリツィオ・サッリ
試合内容に不満を語ったサッリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、BATEボリソフ(ベラルーシ)戦の試合内容に不満を示した。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が8日に行われ、チェルシーは敵地でBATEボリソフと対戦。52分にフランス代表FWオリヴィエ・ジルーのゴールで先制すると、この1点を守り切り、4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 サッリ監督は試合後、「今夜良かったことは結果だけだ」と語り、次のように振り返った。

「我々はいいプレーができなかったし、ここでプレーすることは簡単ではなかった。気温も寒く、相手も良いチームで、ピッチの状態も、全てのコンディションが良くなかった。もっと良くできたと思う」

 またデータ会社『Opta』によると、チェルシーは今シーズンの公式戦で初めて枠内シュートゼロで前半を終えていた。サッリ監督も前半に問題があったことを認めた。

「前半は気に入らなかった。ボールをゆっくりと横にしか動かすことができず、危険な存在となることはとても難しかった。後半開始20分くらいは良かったが、終盤15分はまた支配できなかった」

 最後に、「今日は私にも問題があった。熱があって、とても難しい1日だった。体調が良くなるかはわからないけど、熱だけが問題だ」と監督自身は体調不良であったことを明かした。

 チェルシーは次戦、11日にホームでエヴァートンと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る