2018.11.09

酒井宏樹は絶好機生かせず…昨季準優勝のマルセイユ、4戦未勝利でEL敗退

酒井宏樹
酒井宏樹は立ち上がりにチャンスを迎えたが、シュートは惜しくもGKセーブ [写真]=NurPhoto via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が8日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはアウェイでラツィオに1-2で敗れた。酒井は右ウイングバックで先発出場し、好守に存在感を見せ、3試合ぶりにフル出場した。

 マルセイユは開始7分、酒井に絶好のチャンスが訪れる。スローインを味方がつなぎ、酒井がゴール前フリーとなったが、左足シュートは惜しくもGKの好セーブに阻まれた。試合が動いたのは前半アディショナルタイム1分、チーロ・インモービレが浮き球パスをエリア内へ送ると、マルコ・パローロが頭でゴール左隅に押し込んで、ラツィオが先制した。

 後半に入ってラツィオは55分、ペナルティエリア左に抜けたホアキン・コレアが冷静に右足シュートをゴール右隅に沈めて追加点を奪った。2点を追うマルセイユは60分、高い位置でボールを奪うと、最後はフロリアン・トヴァンがエリア内右から冷静にゴール左隅へ流し込み1点を返したが、反撃はここまで。昨シーズンEL準優勝のマルセイユは、4戦未勝利(1分3敗)で2試合を残してグループステージ敗退が決定。勝利したラツィオは2位以内が確定し、決勝トーナメント進出を決めた。

 次節は29日に行われ、マルセイユはアウェイでMF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ラツィオはアウェイでアポロン・リマソールと対戦する。

【スコア】
ラツィオ 1-2 マルセイユ

【得点者】
1-0 45+1分 マルコ・パローロ(ラツィオ)
2-0 55分 ホアキン・コレア(ラツィオ)
2-1 60分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)

【スターティングメンバー】
ラツィオ(3-4-2-1)
ストラコシャ;L・フェリペ、アチェルビ、ワラシ(57分 バストス);マルシッチ、カタルディ、ベリシャ(70分 M・サヴィッチ)、ドゥルミシ;パローロ、コレア(82分 L・アルベルト);インモービレ

マルセイユ(3-4-3)
プレ;ラミ(79分 サール)、グスタヴォ、チャレタ・ツァル;酒井、ストロートマン、サンソン(70分 パイェ)、オカンポス;トヴァン(82分 ミトログル)、エンジ、ロペス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る