2018.05.05

4試合のベンチ入り禁止処分…アトレティコ、シメオネ監督抜きでEL決勝へ

ディエゴ・シメオネ監督
アーセナル戦セカンドレグをスタンドから見守ったディエゴ・シメオネ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードは、ヨーロッパリーグの決勝戦を指揮官不在で戦うこととなった。


 同クラブのディエゴ・シメオネ監督は4月26日、アーセナルと対戦したヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグで判定に腹を立て、審判を侮辱して退席処分に。そのため、セカンドレグはスタンドからの観戦となっていた。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は5月4日、ディエゴ・シメオネ監督の処分を発表。4試合のベンチ入り禁止処分とした。すでに1試合は消化しているため、処分は残り3試合だが、ヨーロッパリーグ決勝でシメオネ監督がベンチに入れないことが決まった。さらに、1万ユーロ(約130万円)の罰金も科されている。

 ヨーロッパリーグ決勝は今月16日に行われ、アトレティコ・マドリードは日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユと対戦する。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング