2017.10.20

ケルンがEL3連敗で公式戦11戦未勝利…大迫はEL初フル出場も見せ場作れず

大迫勇也
ケルンに所属する大迫勇也(写真は9月のレッドスター戦)[写真]=TF-Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節が19日に行われ、グループHで日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは敵地でBATEボリソフ(ベラルーシ)と対戦した。大迫はELで初の先発出場を果たした。

 連敗スタートで最下位のケルンは20分、大迫からパスを受けたミロシュ・ヨイッチがエリア手前中央から狙うが、シュートはGKに阻まれる。32分には、右サイドからのクロスに、ニアのシモン・ツォラーが頭で合わせるが、これもGKの好セーブに遭い、ゴール前に詰めていた大迫もこぼれ球を押し込むことはできなかった。

 一方のBATEは36分、左サイドからのクロスを、ゴール前右のスタニスラウ・ドラグンがヘディングで叩きつけるが、シュートは枠の右に外れた。前半はスコアレスのまま折り返す。

 後半に入って55分に均衡が破れる。左サイドからのクロスをニアのニコライ・シグネヴィッチがつなぎ、中央でミルコ・イヴァニッチが収めると、こぼれ球をアレクセイ・リオスが押し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 リードを得たBATEは76分にもチャンス。敵陣中央でフリーのスタニスラウ・ドラグンが思い切りよく右足を振り抜くと、強烈なシュートはGKティモ・ホルンに弾き返される。そのこぼれ球を拾ったミハイル・ゴルデイチュクがエリア内中央でシュートを放つが、これは枠を捉えられなかった。

 試合はこのまま終了し、ケルンは0-1で敗戦。3連敗を喫し、グループステージ突破が厳しい状況に。また、公式戦ではシーズン初戦のDFBポカール1回戦レーアー戦での勝利を最後に11試合未勝利となった。なお、大迫はフル出場したが、見せ場を作れなかった。

 11月2日に行われる次節は、ケルンがBATEをホームに迎える。

【スコア】
BATEボリソフ 1-0 ケルン

【得点者】
1-0 55分 アレクセイ・リオス(BATE)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る