2014.05.02

EL決勝逃したユーヴェのキエッリーニ「僕達が突破するべき」

競り合うユヴェントスのキエッリーニ(奥) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが1日に行われ、ユヴェントスはホームでベンフィカと0-0で引き分けた。アウェーでのファーストレグを1-2で落としていたため、1分け1敗で準決勝敗退となった。

 フル出場したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは試合後、「180分を通して見れば僕達が突破してしかるべきだっただけに、非常に残念」と悔やみ、「ささいな事やたったひとつの出来事が勝敗を分けてしまった」と語った。『UEFA.com』が伝えている。

 決勝進出を決めたベンフィカに対しては、「祝福の言葉を贈るしかない。いい試合をし、素晴らしい献身を見せた」と称賛した一方、「トップクラスの難敵だったことに間違いないが、決勝に進むべきチームは僕達だったという気分は残る」と続け、落胆を明かした。

「ジジ(ジャンルイジ・ブッフォン)のグローブは、全く汚れていなかった」と、ピンチが少なかったことに言及。「ファーストレグでも、相手の得点となった2本以外、ほとんど枠内シュートはなかったはず。ファーストレグの結果は試合内容を反映していないと言ったけど、結局はそれが勝敗を分ける要素になったね」と、アウェーでの敗戦を後悔した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る